さっと見 instant blog

日記的な何かを書いたり、理系大学生の個人的なおすすめ事項をさらっと見れる(はずの)ブログ

パズドラ:よく使うリーダーとは?

どーもどもども絨でーす!

この記事が第2弾のパズドラの記事となっています。

 

それでは、本題! 今回はパズドラライトユーザーの僕がよく使っているリーダーを紹介したいと思います。

 

目次

 

 

1. 闇イデアル

1.1. リーダースキルが単純で扱いやすい

僕のパズドラの歴史の中でも、中々高難易度ダンジョンに勝てない時期がありました。パズドラブランクと言った所でしょうか。

その時期を救ってくれたのが、初回の龍契士ガチャで神引きしたイデアルです。丁度僕が海外インターンシップ中に海外で一発で引いたのを覚えています。(海外インターンシップについても後日、別の記事にて色々書きたいと思っています。)

その後、無料分のスーパーゴッドフェスか何かで2体目のイデアルを引いて、片方を進化させてイデアルにした、という経緯となっております。実際にリーダーとして使ってみたら、思ったよりも使いやすくて、今も現役でございます。

f:id:mathpacejyu:20181028180523j:plain

図1 僕が実際に使用している闇イデアル



イデアルの良い点と言ったら、やはり「出来るだけコンボする。これだけ。」でしょうか。なのでよくリーダーとして使ってます笑

ひたすら組めるだけコンボを組む、これだけなんですよ。

そして、コンボを組むのを後押しする「操作時間3秒延長」のリーダースキル。

リーダーとフレンドを闇イデアルにすれば、操作時間は5秒(基本操作時間)+3秒+3秒=11秒となり、7コンボ以上組むのも容易になります。

更に、リーダースキルはコンボ数と操作時間延長についてのみなので、サブにはどんなキャラも入りますまともなサブを持っていないビギナーの方でも、気軽にリーダーにしたり、フレンドから借りたり出来るキャラな訳です。

 

1.2. 高難易度ダンジョン攻略が困難な理由

ユーザーがすることは単純なので、イデアルも初心者向けですが、今のパズドラの環境だと、イデアルで高難易度ダンジョンを攻略するのは難しいです、、それは、

 

HP倍率やダメージ軽減のリーダースキルが無い

 

からです。

残念ながら、イデアルには、「HP2倍」や「6コンボ以上でダメージ軽減」などのリーダースキルが無いので、自身のHPも大きくならない上に、敵からのダメージが軽減されることもございません。

僕「HPもっと大きくしてよ~」⇒ イデアル「致しません」

僕「敵の攻撃痛いからカットしてよ」⇒ イデアル「致しません」

 

と言った感じです。

ということは、、、そうです! 敵から大ダメージが飛んで来たら基本的に即死です

最近のパズドラの高難易度ダンジョンは敵がいきなり大ダメージ飛ばして来たりするのでね~、、、 ちょっとイデアルでは力不足かな(汗)

なので、攻略と言うよりは、平均コンボ数とクリアタイムをスコア化して、他のユーザーと優劣を競い合う「ランキングダンジョン等でよく使いますね。

 

2. エドワード・エルリック

 HP倍率系の強リーダーとして、「ヴラスカを前の記事で紹介しましたが、今回はダメージ軽減系の強リーダーとして、「エドワード・エルリックを紹介します。

f:id:mathpacejyu:20181028180628j:plain

図2 僕が実際に使用しているエドワード

 

 エドワード・エルリックは、「自身の残りHPが最大HPの50%以上の時攻撃力3.5倍、かつ敵からのダメージを35%カット」というリーダースキルを持っているので、HP50%以上をキープ出来れば、鬼強いです。

更に、「4コンボ以上で攻撃力上昇、最大4倍」というスキルより、

4コンボ ⇒ 攻撃力2倍
5コンボ ⇒ 攻撃力3倍
6コンボ ⇒ 攻撃力4倍

と、たった6コンボで最大倍率を発動させることが出来る手軽さです。

如何にHP50%以上をキープするかといったHP管理に慣れて来た人にはとてもおススメですし、HP制限のあるリーダーの中でもまだ扱いやすいキャラなので、「初めてHP制限系リーダー使います!」って人にもおススメ出来るリーダーだと個人的には思います。

ただ、エドワード・エルリックのスキルには、「回復お邪魔ドロップをドロップに変換し、1ターンの間、光属性の攻撃力が3倍」というかなり光属性のキャラが引き立つスキルになっているので、エドワード・エルリックのサブは、出来るだけ光属性のキャラを入れると良いと思いますよ!

 

「これから始めたい・復帰したい」って方は、上記のようなキャラをフレンドから借りる等して使って、パズルやパズドラの仕組みに慣れていって貰えたら嬉しいです。

 

ではではまたまた。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村